ヘアサイクル 抜け毛

髪のヘアサイクルは正常ですか?

髪の毛のヘアサイクルって聞いたことありますか?
髪の毛は常に伸び続けているわけではなく、あるサイクルで生まれ変わっています。
だから若い人でも頭皮の毛穴の中には、髪の毛がない毛穴が一定の割合であるのです。

 

髪の毛のヘアサイクルは、成長期⇒退行期⇒休止期を繰り返しています。
成長した後は抜けてしまいます。そして抜けた毛穴から2〜3ヵ月後にまた新しい髪に生えてくるのです。

 

1.成長期
成長期は、毛母細胞が一生懸命分裂を繰り返している時期です。これが髪の毛になるわけです。そして表皮にどんどん伸びてきます。頭皮から出てくると太くなってさらに成長します。この成長期は通常なら、男性が3〜6年、女性は4〜8年です。

 

2.退行期
後退期は、髪の毛が成長を辞める時期です。色素細胞がメラニンを合成するのをやめてしまいます。そして髪の毛が細くなってきます。ついには大切な毛球部分が表皮に向かって移動してだんだん小さくなってきます。この変化は、2〜3週間で行われます。

 

3.休止期
休止期は、髪の毛が完全に成長をやめてしまいます。抜ける時期がいよいよやってきました。この時期にブラッシングすると髪の毛が簡単に抜けてしまいます。だからブラッシングして髪の毛が抜けるから慎重になんて思っている方は、もう成長が止まった髪の毛しかブラッシングで抜けないので身長にしなくても良いのです。抜けてもあせらずに。安心してください。移動した毛球が以前あったところに、新しい髪が誕生し始めます。

 

ただし、休止期が長くなってくると髪の毛が生えていない時期が長くなるので薄毛になります。
このヘアサイクルが正常に機能している状態なら少々抜け毛が多くなっても気にする必要はないのですが。

髪のヘアサイクルが正常なら抜け毛は気にしない関連エントリー

抜け毛の本数
抜け毛の本数は何本ですか?
抜け毛の前兆
育毛には頭皮環境を整え、毛乳頭に栄養を与える必要があります。抜け毛や薄毛の原因と症状、治療法、治し方、有効成分など、育毛の基本的なことを紹介します。
シャンプーの洗い方
シャンプーの洗い方・方法を紹介します。育毛は正しい髪の洗い方をマスターするのが基本ですから。
抜け毛防止はブラッシングで
抜け毛防止はブラッシングが基本です。育毛シャンプーも必要ですが、まずはブラッシングで!
抜け毛のチェックは忘れずに!
抜け毛のチェックは忘れないようにしましょう。抜け毛の本数が気になるので本数ばかり数えてしまいますが、抜けが髪の状態をチェックすることが大切です。
育毛剤のアルコールはなぜ入っているの?効果はあるの?
育毛剤にアルコールが入っているものがあります。アルコールは育毛にわるいのでは?なぜ入っているの?
育毛剤に配合されている有効成分は?
育毛剤には有効成分が配合されています。配合されている育毛剤の成分をチェックすれば、対応できる脱毛症や効果が予想できます。
健康な人でも10%の髪の毛はお休み中
抜け毛の本数はあまり気にしないで。ヘアサイクルで健康な方も抜け毛はあるのです。薄毛対策は、ヘアサイクルの中で髪の毛を成長させれば良いのです。
女性の抜け毛・薄毛に関係する脱毛症!男性とは全然違います
女性の脱毛症は男性とは全然違います。だから育毛剤や育毛シャンプーの選び方は女性用のものを!
昆布やわかめなどの海草が育毛・発毛に効果?
わかめや昆布などの食材は髪の毛の育毛に良いと言われていますが、育毛・発毛には大豆関連食品を食べるのが良いようです。
広汎性脱毛には気をつけろ
広汎性脱毛には気をつけましょう。寿命をまっとうできないまま、髪の毛が抜けてしまいます。
シャンプーをすると抜け毛が増える?
シャンプーをすると抜け毛が増えるから、出来るだけシャンプーをしないという方は、大きな勘違いをしています。
ヘアサイクルで髪の毛は常に生え変わっています
ヘアサイクルで髪の毛は常に生え変わっています。まったく髪の毛が無いと思っている人でも、ちゃんと産毛が生えてきているのです。