女性 脱毛症

女性の脱毛症は男性と違う原因のことも

抜け毛・薄毛の原因は、男性と女性とでは異なります。だから、育毛シャンプーや育毛剤を選ぶときには、女性は女性用の育毛剤・育毛シャンプーを選ぶ必要があります。なぜなら、市販されている多くの育毛剤・育毛シャンプーは男性用の製品だからです。

 

女性の脱毛症は、女性特有の原因によるものがあります。まずは、脱毛症の原因をしっかりと認識し、適切な処置をすることで、髪の悩みを解決できる可能性が高まります。

びまん性脱毛症

びまん性脱毛症は、女性特有の脱毛症です。男性のように、生え際から髪の毛が無くなって後退していくのではなく、頭部全体の髪の毛が薄くなります。特に中年以降の女性に多く見られる症状です。

 

多くの女性がこれで悩んでいます。特に分け目の地肌が透けて見えたり、ボリューム感がなくなってくるので、鏡を見ると印象が昔とはぜんぜん変わってきます。びまん性脱毛症は全体的に薄くなってくるのが特徴です。

分娩後脱毛症

分娩後脱毛症は、女性にしか関係しない脱毛症です。

 

出産したあとに抜け毛が多くなったり髪の毛が薄くなったりします。産後に髪の毛が薄くなっても心配する必要はありません。薄毛・抜け毛は徐々に症状が改善していきます。赤ちゃんの授乳が終わる半年後くらいには回復するので安心してください。

 

牽引性脱毛症

牽引性脱毛症は、髪の毛を強く引っ張ることで髪の毛が薄くなる脱毛症です。

 

例えば、ポニーテールをきつくしばったりするときになる脱毛症です。一定の力で引っ張り続けることで髪の毛に負担がかかって強く引っ張っている髪の毛が抜けてしまいます。

 

だから、強く引っ張るのを止めれば良いわけです

 

 

 

トリコチロマニア

トリコチアマニアとは学童期の子どもに見られる症状です。日本語にすると「抜毛症」と訳すことができます。

 

ストレスが原因と言われています。寝ている間に無意識に自分で髪の毛を抜いてしまいます。円形脱毛症と間違えられるのですが、ぜんぜん違う脱毛症です。

女性の抜け毛・薄毛に関係する脱毛症!男性とは全然違います関連エントリー

抜け毛の本数
抜け毛の本数は何本ですか?
抜け毛の前兆
育毛には頭皮環境を整え、毛乳頭に栄養を与える必要があります。抜け毛や薄毛の原因と症状、治療法、治し方、有効成分など、育毛の基本的なことを紹介します。
シャンプーの洗い方
シャンプーの洗い方・方法を紹介します。育毛は正しい髪の洗い方をマスターするのが基本ですから。
抜け毛防止はブラッシングで
抜け毛防止はブラッシングが基本です。育毛シャンプーも必要ですが、まずはブラッシングで!
抜け毛のチェックは忘れずに!
抜け毛のチェックは忘れないようにしましょう。抜け毛の本数が気になるので本数ばかり数えてしまいますが、抜けが髪の状態をチェックすることが大切です。
育毛剤のアルコールはなぜ入っているの?効果はあるの?
育毛剤にアルコールが入っているものがあります。アルコールは育毛にわるいのでは?なぜ入っているの?
育毛剤に配合されている有効成分は?
育毛剤には有効成分が配合されています。配合されている育毛剤の成分をチェックすれば、対応できる脱毛症や効果が予想できます。
髪のヘアサイクルが正常なら抜け毛は気にしない
髪はヘアサイクルで抜けたり生えたりを繰り返しています。抜け毛が多くなってもヘアサイクルが正常なら問題はありません。
健康な人でも10%の髪の毛はお休み中
抜け毛の本数はあまり気にしないで。ヘアサイクルで健康な方も抜け毛はあるのです。薄毛対策は、ヘアサイクルの中で髪の毛を成長させれば良いのです。
昆布やわかめなどの海草が育毛・発毛に効果?
わかめや昆布などの食材は髪の毛の育毛に良いと言われていますが、育毛・発毛には大豆関連食品を食べるのが良いようです。
広汎性脱毛には気をつけろ
広汎性脱毛には気をつけましょう。寿命をまっとうできないまま、髪の毛が抜けてしまいます。
シャンプーをすると抜け毛が増える?
シャンプーをすると抜け毛が増えるから、出来るだけシャンプーをしないという方は、大きな勘違いをしています。
ヘアサイクルで髪の毛は常に生え変わっています
ヘアサイクルで髪の毛は常に生え変わっています。まったく髪の毛が無いと思っている人でも、ちゃんと産毛が生えてきているのです。