育毛剤 分類

育毛剤の分類

育毛剤は大きく分けると4つのタイプに分類することができます。

 

血行促進タイプ
男性ホルモン抑制タイプ
細胞活性化タイプ
皮脂分泌抑制タイプ

 

色々発売されている育毛剤ですが、これらの中のどのタイプの育毛剤なのか、しっかりと把握しておくことが必要です。

 

あなたはどのタイプの育毛剤を使っていますか?

男性ホルモン抑制タイプ

男性ホルモンは毛母細胞の働きを悪くします。だから、男性は髪の毛がなくなりますが、男性ホルモンが少ない女性は髪の毛がなくなることはありません。

 

女性の場合は、抜け毛というよりも、髪の毛が細くなってボリューム感がなくなったり、地肌が見えるようになっているのです。髪の毛を太くすることが大切です。

 

男性ホルモン抑制タイプの育毛剤は、男性ホルモンの活動を抑えて毛母細胞の働きを活発にすることで髪の毛を回復させます。

 

血行促進タイプ

髪の毛の成長が遅いのは必要な栄養が髪の毛に行き渡っていないから。だから、頭皮の血行を良くして髪の毛に栄養が行くようにすることができれば、薄毛の悩みが解決します。

 

血行促進タイプは地肌の血行を促進して、髪に栄養を与えることで、男性型脱毛症(AGA)や円形脱毛症で悩んでいる方の悩みを解決する育毛剤です。

細胞活性化タイプ

細胞活性化タイプの育毛剤は、ビタミン類など髪の毛に必要な栄養分を補うことで、毛母細胞を活性化せせるものです。

皮脂分泌抑制タイプ

皮脂分泌抑制タイプは、皮脂の分泌を抑えるたいぷです。

 

頭皮の汚れを取り除くことで、髪の毛の成長を促進させます。このタイプの育毛剤は、粃糠(ひこう)性脱毛症の方に効果があります。

育毛剤の分類エントリー一覧