育毛 発毛

育毛について

育毛について気がついたことをいろいろ書いていきたいと思います。
育毛剤や育毛シャンプーの効果、口コミ情報をはじめ、育毛に良い食事や生活習慣、洗い方などいろいろと紹介したいと思います。

 

育毛には亜鉛が良い、アロエが良い、馬油が良い、ビタミンBが良いなど、いろいろなものが有効ではと情報がありますが、本当に良いものはどれなのでしょうか。

 

抜け毛や薄毛で悩んでいるのなら、病院で診察してもらえば良いのに?と思う人もいるかも知れません。でも育毛で悩んでいる方はデリケートです。堂々と病院に行けない人も多いのです。だから育毛剤や育毛シャンプー、食事でなんとか改善したいと情報を探したり試したりしています。

 

抜け毛の原因はタバコやお酒、睡眠不足、栄養の方よりなどチェックポイントはいろいろありますが、どのようにしたら抜け毛や薄毛が改善されるのか、情報があります。

 

そんな巷の情報を探して記事にしていきます。

育毛あれこれエントリー一覧

短小毛には要注意
短小毛を見つけたら抜け毛に要注意です。短小毛は、短く弱々しい抜け毛です。「短小毛」があるということは、寿命を待たずに若くして死んでしまった髪の毛があるということです。髪の毛が健康ならば、1ヶ月に約1cm伸びます。もし6cmの短小毛が抜け毛の中に見つかったらその髪の毛の寿命はたった6ヶ月だった事を意味しています。通常の髪の毛は3、4年の寿命があると言われているので、短小毛が以下に短い間しか生き残っていないのかが想像できますね。当然ですが、この短小毛が多いほど髪の毛が減って薄毛になる確率が高いのです...
発毛剤と育毛剤の違いは?
発毛剤と育毛剤との違いが今ひとつよくわからないという質問が多くあります。実際問題として、育毛剤・発毛剤を明確に区分して製品の宣伝が行われているわけではないので混乱してしまいますよね。発毛剤は、毛母細胞の働きを活発にして、髪の毛が抜け落ちた後に、新しく髪の毛が生えてくるのをサポートするものです。育毛剤は、頭皮の血行を促進することで、髪の毛の成長を促進させるものです。といっても、毛母細胞に働きかけると宣伝している育毛剤も多くあります。頭皮の血行を良くするだけではなく、髪の毛の成長に必要な栄養分を配合...
養毛剤と育毛剤の違い
養毛剤と育毛剤の違いは?という質問も多いです。最近は、養毛剤という言葉をあまり見かけなくなりました。大体が育毛剤で済ませている感じがします。養毛剤は、毛髪の伸びを速めたり生えるのを促したりする薬剤のことで、毛生え薬というイメージです。育毛剤は、脱毛を防止して、毛髪を保護するもので、髪の毛の成長を促進させるものですね。育毛剤は髪の毛を生やすものではなく、成長を促進するものです。でもなんとなく毛生え薬のような感覚で宣伝していたりしていますよね。養毛剤と表現すべきところを育毛剤と表現しているような感じ...
抜け毛の本数はどれくらいなら心配要らない?
抜け毛の本数はどれくらい?抜け毛の本数はどれくらいまでなら大丈夫なのでしょうか。髪の毛が薄くなってくると抜け毛の本数が気になります。枕に残った抜け毛の本数やお風呂の排水口の抜け毛はすごく気になります。そこで考えてしまうのが、抜け毛の本数は1日あたりどれくらいなら許されるのか?通常の抜け毛の1日あたりの本数は50〜100本と言われています。でも抜け毛の本数は季節によって変わるので、一概には言えないのですが・・・秋になると抜け毛の本数は多くなります。ストレスがたまると抜け毛が増えてきますが、これは一...
髪の毛の本数は生まれつき決まっている
髪の毛の本数は生まれたときに決まります。髪の毛が作られる場所は毛球と呼ばれる部分です。ここで細胞分裂して髪の毛が創りだされます。毛球は毛包とよばれる器官の下にありますが、この毛包の数は、生まれつき決まっています。だから髪の毛の本数も生まれつき決まるわけです。
ハゲになり易い人の特徴
若ハゲになり易い方の特徴があります。若ハゲの原因の一つに、遺伝的な要因があります。両親や祖父母などの親族に若ハゲの人がいれば、遺伝的にハゲの家系の可能性があります。また、頭の形が大きく左右に突き出している方も、若ハゲになり易いといえます。信じられないかもしれませんが、左右に突き出している方は、髪の毛に栄養を運んでいる血管が圧迫されているため、髪の毛に栄養が行きにくいからです。確かに、若ハゲになり易い人はいますが、このような特徴がある方が、必ず若ハゲになるとは限りません。正しいヘアケアを実践してい...