男性型脱毛症 治療

男性型脱毛症(AGA)の治療はどうるれば良いの?

脱毛症にもいろいろありますが、男性にもっとも多いのが男性型脱毛症(AGA)ですね。男性の場合、老人性脱毛症を除くと、男性型脱毛症(AGA)が最も多い脱毛症です。

 

男性型脱毛症(AGA)は、おでこの生え際や頭部の髪の毛が薄くなってくる特徴がある男性特有の脱毛症です。女性で生え際から髪の毛がなくなることはあまりありません。女性の場合は髪の毛が細くなって地肌が透けて見えるようにはなりますが、髪の毛がなくなっていくことはあまりありません。それに対して、男性の脱毛症・男性型脱毛症(AGA)は生え際から髪の毛がだんだんなくなっていきます。

 

男性型脱毛症(AGA)は、固かった髪の毛がだんだん柔らかくなって薄くなっていきます。男性型脱毛症(AGA)というとちょっと聞きなれないかも知れませんが、若ハゲといえばなんとなくイメージが湧くと思います。

 

男性型脱毛症 AGAの原因と対策

男性型脱毛症(AGA)の原因ですが、ジヒドロテストステロンや遺伝が関係しています。

 

この脱毛症の対策ですが、基本は頭皮と頭髪を清潔に保つことですね。そして頭皮や髪に必要な栄養をきちんと摂ることも大切です。それでも症状が心配な方は、医療機関に相談するのが良いでしょう。と言っても、なかなか専門の病院に通うのは勇気がいることですよね。だれが見かけるかわからないですから。

 

病院に通うとすれば、脱毛症の場合は皮膚科で診てもらえます。ただし医療費は保険がきかないのが一般的です。自由診療(保険外診療)になるので自己負担です。

 

男性型脱毛症(AGA)の治療法ですが、治療薬として人気があるのが「プロペシア」です。飲む育毛剤とも呼ばれていますね。経口内服薬です。プロペシアは国内で厚生労働省から承認されている唯一の男性型脱毛症用の内服薬です。

 

プロペシアは元々は全然違う病気の薬として開発されました。前立腺肥大の治療薬です。とことが、内服していた患者に発毛効果が確認されたため、発毛剤として利用されるようになりました。だから、副作用の心配があります。薬ですから。

 

なぜプロペシアが抜け毛や薄毛に効果があるのかというと、男性ホルモンを抑制するという働きがあるからです。男性型脱毛症(AGA)の原因は男性ホルモンが影響しています。だから男性ホルモンの作用を抑制することが出来れば、抜け毛や薄毛に効果があるのです。

 

男性型脱毛症には効果を発揮するプロペシアですが、男性ホルモンが関係しない円形脱毛症や、薬剤による脱毛症、女性の薄毛には全然効果がないわけです。注して欲しいのが妊婦です。妊娠中の女性がプロペシアを内服すると胎児の成長を阻害する場合があるので要注意です。

 

それと、もう一つ注意があります。プロペシアは薬品ですから、当然、副作用があります。プロペシアの副作用としては、性欲が減少したり、性機能が低下などの副作用があります。

 

プロペシアの利用法ですが、1日1回服用を6か月以上続けると効果が実感できます。6ヶ月というと結構長いですが、髪の毛のためですから頑張りましょう。

男性型脱毛症のAGAの治療はプロペシア?関連エントリー

飲む育毛剤「プロペシア」
飲む育毛剤のプロペシアは医薬品です。副作用の心配もあるので医師に処方してもらいましょう。
飲むだけの育毛剤ダブルインパクトの効果は?
飲むだけの育毛剤ダブルインパクトの効果は唐辛子のカプサイシンと大豆のイソフラボンが源です。
育毛サプリHatto
育毛サプリHattoは飲むだけの育毛剤です。
男性型脱毛症のAGAの治療はプロペシア?
男性型脱毛症(AGA)の治療には、薬品のプロペシアが使われます。女性の脱毛症には効き目がないです。